ハゲ大百科

髪で悩む人のための大百科。

AGA(男性型脱毛症)の特徴、原因、対策などを詳しくご紹介

calendar

AGAはAndrogenetic Alopecia の略であり、日本語の正式名称は男性型脱毛症と呼びます。

薄毛になるパターンは

額部分から後退
頭頂部の薄毛
額と頭頂部の両方

この3パターンに分かれていて、男性特有の症状になります。

薄毛のほとんどはAGAが原因と言われています。
AGAは遺伝性となっていますが、誰でも発症する可能性があります。

日本人男性のAGA発症率は
20代 10%
30代 20%
40代 30%
50代以降 40%以上
という統計が出ていて
年齢と比例して高くなる傾向があります。

症状も年齢と共に進行するため、20代から薄毛になってきた人は40代になると髪の毛が薄くハゲた状態になってしまいます。

【男性ホルモン テストステロン】

男性ホルモンの一種にテストステロンというものがあります。
テストステロンは筋肉の増大・闘争本能促進・体毛増加など、心身の男性的な部分に作用するホルモンです。
男性はもちろん、女性にも少量は分泌されている誰しもが持っているホルモンです。
逆に女性ホルモンも男性にも少量は分泌されています。

AGAの発症は男性ホルモンがかなり深く関わっており、発症時期にも特徴があり、男性ホルモンの分泌が多くなる思春期以降に発症するケースが多い傾向があります。
そして男性ホルモンの量が多いか少ないかというところではなく、ホルモンの影響を受けやすいかというところで決まります。

研究で「去勢された男性の薄毛の進行具合を考察する」という実験が行われました。
テストステロンは睾丸から分泌されます。
去勢すると分泌されなくなります。

研究の結果、
思春期以前に去勢された男性は薄毛になることはなく、薄毛の男性が去勢された場合、薄毛の進行が止まった。
という結果がでました。

思春期の前に去勢された場   合、テストステロンの分泌され始める以前に去勢されたという事なので薄毛になることはなかったという事です。
そして、去勢された後に薄毛の進行が止まったという事はテストステロンが分泌されなくなり、薄毛の進行が止まったという事です。

そしてもう一つ、去勢する前から薄毛だった人と薄毛ではなかった人にテストステロンを注射したらどうなるか?という実験が行われました。

この実験の結果、
去勢の前から薄毛だった人は、テストステロンの注射後、再び薄毛が進行し始め、去勢の前から薄毛でなかった人は、テストステロンを注射後、薄毛になることはなかった。
と、このような結果が出ました。

という事は、テストステロンが増えると薄毛になる人とテストステロンが増えても薄毛にならない人とカテゴライズする事が出来て、遺伝でハゲてしまう可能性がある人と遺伝でハゲてしまう可能性がない人に分かれます。

【活性型男性ホルモンDHT】

AGAの一つの原因は男性ホルモン「テストステロン」が関係してる事をご紹介しましたが、原因は他にもあり、活性型男性ホルモンDHTというものも関係していて、このDHTはAGAの原因の大本と言われています。
ハゲや薄毛で悩む我々から言わせれば悪の親玉ですね。

この活性型男性ホルモン ジヒドロテストステロン(DHT)は男性ホルモンの一つであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつき変化したもので、毛乳頭などの細胞に結合すると、抜け毛を促すと言われており、とある実験でテストステロンの量とDHTの量が連動して増えてしまった為、症状が進行したと考えられます。
この実験の考察で、ジヒドロテストロン(DHT)には毛髪の元となる毛母細胞の働きを低下させる作用があることから、薄毛と関係の深いホルモンだという事が分かりますね。

毛髪に対して悪影響を及ぼすのはジヒドロテストロン(DHT)であって、テストステロンが5αリダクターゼによってジヒドロテストロン(DHT)へと変化してしまうこと自体を防げば、薄毛の進行を抑えることにもつながるという事です。

男性ホルモン テストステロンは年齢とともに徐々に減ってゆくものです。
しかし、近年、加齢以外の理由でテストステロンの減少が起きる男性が増えているということです。
この現象は、薄毛状態の人にとってマイナスである場合があります。
テストステロンの減少は、第一に男性としての身体的特徴や体力・精力・精神力の衰え易くなります。
その次はジヒドロステロン(DHT)の増加を引き起こしてしまう恐れがあるのです。
これは体内でテストステロンが不足した場合、それを補おうとして5αリダクターゼとの結合がさらに進んでしまうという傾向があるからです。
テストステロンは体だけでなく髪の毛や体毛を丈夫にする作用やたんぱく質の同化作用も持っており、髪のためにも適度に増加させることと維持する事が必要であるという事です。

【「活性型男性ホルモン ジヒドロテストステロン(DHT)」を抑える為には?】

・AGA専門の病院に行く。

AGAについて専門の病院やクリニックがあり、薄毛専門の医師の診断の元で治療薬の処方をしてもらいましょう。

『プロペシア』

ジヒドロテストステロンを抑制するお薬で、5αリダクターゼに作用する成分を配合していて、5αリダクターゼを抑制することでテストステロンとの結びつき→ジヒドロテストロン(DHT)の生成という流れを阻む効果があります。
・生活習慣を見直し改善!

【食生活】

亜鉛・イソフラボンには5αリダクターゼの抑制効果があります。
亜鉛を含む食品
カキ、納豆、レバー、牛肉などがあり、これらを積極的に摂るようにしましょう。
改善が難しい場合はサプリメントなどを活用するのも方法の一つですね。
豆乳コーヒーや豆乳紅茶などの豆乳の飲み物がスーパーにあります。
大きい容器の豆乳コーヒーを私は毎日飲んでいます。
コーヒーだけだと胃が荒れてしまいやすい体質なので豆乳コーヒーだと美味しく飲み易くて肌質も良くなり、髪のためにもなり、お腹にも優しいのでオススメです!

【睡眠】

テストステロンの増加にとって睡眠は大切な要素です。
2日の徹夜でテストステロンの増加が止まると言われています。
良質な睡眠のために就寝前のカフェイン摂取などは避け、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。
寝付きやすい音楽を聴いたり、寝る前に読書をしたり、暗記物を読んだりする事をオススメします!
スマートフォンをポチポチするのは目も悪くなるし、次の日の起き上がりもキツくなりやすいので控えた方がいいです。

【運動】

適度な運動もテストステロンの増加を促すようです。
自宅で簡単にできるストレッチや筋肉トレーニングなどでも効果はあるのでなるべく毎日体を動かすようにしましょう。
何やったらいいのかな…と思う方にオススメなのは縄跳びです。
縄跳びを2分やって30秒のインターバルをおいてこれを3〜5セットやるのをオススメします。
そのあとは身体慣らしにウォーキングをして息を整えるのが最高ですよ!
そして風呂上がりに軽いストレッチをすれば今日の運動頑張った!という気分にもなれます。
縄跳びだけでもそんなに時間は取りません。
2分縄跳び30秒のインターバルを3回やったとしても7分30秒で10分もかかっていません!
時間が無いという方にもオススメです。

【将来ハゲてしまう!?早目に知っておきたい!】

遺伝的にハゲる人、ハゲない人の話をご紹介しましたが、
「俺ハゲてるからお前も歳食ったらハゲるぞ」と親に言われた方いますよね?
私も言われました。
「いいや!絶対ハゲない。ハゲたら逆立ちしてコンビニ行ったるわ!」と返したけど現在、見事に髪が後退していってます。
逆立ちでコンビニには行きたくない!(笑)

親がハゲてる、親戚にハゲた人が多いという理由で、この先の自分の髪の毛の将来に不安を感じてる方は少なくないのではないかと思います。

遺伝子は両親から受け継ぎます。
親類に薄毛の人が多い場合は、薄毛になりやすい遺伝子を持っている確率は高いという事ですが、遺伝子検査で自分がハゲやすいのかどうかを調べることもできます。

クリニックで遺伝子検査をする事が出来ます。
そして自宅で自分で遺伝子検査をする事も出来ます。
自宅で遺伝子検査をする場合、遺伝子検査キットを購入する必要があります。

 

【まとめ】

主に遺伝性の症状で、AGAの原因は男性ホルモン テストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつき変化しジヒドロテストロンなって毛乳頭などの細胞に結合する事が大きな原因という事がわかりましたね。
ジヒドロテストロンを抑える為にはAGAについて専門の病院やクリニックに行き、専門医から治療薬を処方してもらう事、生活習慣を見直して改善して行く事が対策となります。
髪の毛と身体に良い食事、良質な睡眠をとり、適度な運動をする事を忘れないように心がけていきましょう。
そしてまだ薄毛になっていない方は一度、クリニックや遺伝検査キットで調べてみるのもいいでしょう。
早目に知っておけば治療も早く出来るのでハゲずに済むかもしれませんね。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




『ハゲ大百科』編集長

大場信也